内海記念日

今更ながら、2014年の初夢は「内海光司に仕事が入る」夢でした。
夢でみた彼の仕事は何故か『BLEACH』の声優(ほんとに何故)だったので、「声の仕事もいいけどやっぱり生の舞台がみたいな~」というようなことを(初夢の中で)思ってました。

結果的には1月の下旬に舞台への出演が決まり、7月初旬からツアーがスタートして、もう半年経ったのかと時の流れは早いものです…。

ちなみに、今回の舞台『4フィール』ですが、私は7月29日の東京公演初日と8月3日の東京千秋楽と千秋楽前夜祭イベントに参加しておりました。(その前の週は『マホロバ』を観に行ってました。)

舞台そのものについては、「正直脚本があんまり…」と思っておりまして、まあこれは『マホロバ』もそうだったんですが、東京楽のあとでご飯を一緒にした若いファンの方が岡本健一の出演舞台を褒め出した時は「どうしよう・・・」と思いながら前夜祭イベントの心配もしてたりしました。

ですが、今はその前夜祭イベントで、あんなに素敵で完璧な内海光司のショーをみれたことに感動し心から感謝しております。

いや、ローラーやらないかなあ?と薄々思ってはいましたが、
パラ銀を軽く流しながらスイスイーっと滑りながら出てくる程度かなあと思ってたんですよ。それがねー。まさかねー。ええー?本当に彼が彼ですか。

彼が公式の場で踊ったのは17年前のKYO TO KYO以来のようで、17年ぶりのダンスショーというのも驚きですが、17年も彼にその機会が与えられなかったことにもいろんな感慨が湧いてきます。いや観てる最中はそんなこと考える余裕もなく、涙がでてしまいましたが…。
泣いてる方結構多かったですが、現役時代からのファンの方の時間を巻き戻される感覚ってすごいんだろうな…と客席の反応をみても思ったり。

昨日のイベントでは美しい内海君も、かわいい内海君も、ちょっとださい内海君も全部みることができましたが、あの神がかり的なローラーダンスショーの後のカーテンコールでただのぽやっとした人に戻っていたのが、というかそれが一番いとおしかった。そしてそして最後に「どぉ~ぅもありがとぅう~!!」のなじみ深いあの挨拶をきけた感動ったら。

光GENJIが好きで、内海光司が好きで本当によかった。
だいぶ気持ちの悪い感想ですが、本当にそんな気持ちでいっぱいです。
最近色々とオフがつらかったのですが、その総てを内海君のあのパフォーマンスが浄化してくれた気がします。内海光司って尊いなあ(病気)。

正直イベント自体は内海ファンだらけだったのでは…という感じでしたが、あの場とあの時間を与えて下さったカンパニーの皆さんに感謝です。宮古島公演も頑張って下さい。



今年は『鷲と鷹』の映画もやるし、内海君も踊るしいい年だなあ…。
内海君が映画に触発されてローラーで踊っちゃったのかしら、という夢もみれますな。夢をみるというより圧倒されるプロのステージでしたし、それがまた「光GENJIってすごいんだな…」と思いました。どうすごかったかなんて言語化できない。こうして沼に嵌っていくファンが(新旧ともに)また増えていくわけですね…。

内海君はなんだか本当に生きた化石ですね。別に体細すぎとか、顔がシワシワとか、それもあるけれど、そういうだけでなく。光司はレジェンドでフェニックスでした。それにしても、あのダンサーのお姉さん二人に「内海先輩」と呼ばれることの似合わなさったら(褒め言葉)。

暫く昨日の残像で生きていけるけど、また踊ってほしいもんです。
内海光司よ、引退するにはまだまだ早いぞ。

4月20日

大沢樹生君、誕生日おめでとうございます。

いつも樹生さまやら樹生ちゃんやら、ミキミキやら呼んでいるので、フルネームに「君」付けするとすごく違和感・・・・!(笑)

「鷲と鷹」の映画前売り券は次の休みに映画館に買いに行く予定です。
この映画、話題になっているのか、そうでないのかイマイチつかみにくいなーというのが正直なところなんですが…。最近あまりネットをしないので、ファンの意見を含めて情報などを満足に収集できてないもあって。

とりあえず樹生君が公私ともに順調ならいいなと心より願っております。


メンバーの誕生日をブログで祝ってきてこれでちょうど一周になりました。
前から決めていたことで、多分今後はこういったタイトル記事をつくってわざわざ誕生日に触れて書くことはしないと思うのですが、メンバーを応援する気持ちに変わりはないです。
さすがにもうちょっと更新頻度上げたいな。
 

2月28日

山本淳一君、42歳の誕生日おめでとうございます。

おそらく私を含めてたくさんの方が、過ぎる月日と共に淳君のことを気にかけていることと思います。もうすぐ一年ですね。

私は今でも淳君の卒業コンサートでの挨拶、
「山本淳一は山本淳一らしく生きます」 という言葉を思い返すことがあり、その度に元気づけられています。

淳君のその言葉に救われるのは、私が自分らしく生きることに未だにもがいているからなんだと思います。


淳君も、まだもがいているかもしれませんが、体を大切に、心を健やかにいてくれたら何より嬉しいです。
まあ肉体面は若い頃にアウトドアやったりアフリカ行ったりしていたようなのであまり心配していないのですが…。不摂生してたら困りますが。いつか生で淳君のプラチナの歌声が聴けたらいいな、と思う一ファンです。

最近のあれこれ

お久しぶりです。相変わらず時間に余裕がないので箇条書きに最近の出来事でも

・年末年始のテレビやネットニュース、それらの反応をみていて切実に思ったのは「リアルで話せるファン友」がほしいなあということ。
なかなかアイドルの話題って特殊なのと、「文字を介する」交流って色んな時間差が生れるので難しいんですよね。直接話をして意見を温めあえる人がいたらなあと思いました。ファンになった頃は特にそういうことは考えてもいなかったし、考えることになろうとも思わなかったのでそこだけ複雑な気持ちに。
そしてそういうファン友作ったりするのはもっと時間に余裕のある年齢でやるべきでした。


・1月19日の「正木慎也 佐藤寛之 LIVE DUO~Happy New Year~」(2部)に参加。
初生メンバー&初生寛君(と正木君)でした。ライブに行くこと自体が初めての体験だったのもあり大変ノリの悪い客でした(スミマセン)。
ともかくも、目の前に寛君が!近い!歌ってる!喋ってる!息してる!立体的!etc.で当たり前のことにまで感動して胸がいっぱいでした。あれは夢だったんじゃないだろうか。息してる!だけで感動するのかよ…とお思いのアナタ。本当になります。
ちなみに結構後ろの方にいました。でも近かった…。お客さんは40人くらいでしょうか。ダンスもあったので、もう少し離れて全体見たいなあとずっと思ってましたが、ここらへん、テレビ映像やPVを見慣れてる人の感覚なんだろうなあ。
ちなみに光GENJI曲は「COCORO」「笑ってよ」「・・・。」でした。忍者の曲は「お祭り忍者」「おーい!車屋さん」「あれはValentine's Day」は確認済みなんですが、25日の梅田の方のセットリストを調べたら大塚でも「わがままに抱き合うのさ」歌ってたのかな…。(※ちなみに梅田のセットリストはこちらのブログを参照させていただきました。
一人でも十分楽しめたのですが、見渡すばかり女性でして、男性やMC的に光GENJIや忍者を知らない人が参加するのは難しそうだなあと思ったのでした。いやそういう(ファンのための)ライブなんですけど。ジャニ出身(特に昔のアイドル)って、そこらへんが不利なのかなあと余計なことを考えてしまったり。男性ファンがつきにくいというか…諸星和己のライブとかはもう少し男性もいるんだろうか。
正木君(歌もよろしかったのですが、とてもトークの面白い方でした)が、少年御三家のあの人この人を上げつつ一緒にライブをやりたいと話をしていたもので、その心の内を少しだけ邪推したりしました。でも、みんなで助け合えばいいじゃんーとも思うのです。10代~20代の10年過ごしたことってその事実だけでも、内省的な部分でも、そうそう切り捨てられるものじゃないと思うのです。私もみたいですし(本音)。
二人のデュオも素敵でした。正木くんと寛くんのCD、早くできるといいですね。
(※ちなみに2月11日と3月15日の寛君ライブは不参加予定です。)


レジェンド・オブ・ジャニーズ
昨年12月11日にJ-netを覗いてみると、放置されていた彼の2012年・2013年の出演情報が更新されていたので、「きっと今後も更新されていくはず…」と半分祈るような想いを持ったものですが、待っていた甲斐があったというか、なんというか。
既にあのころは決まっていたのかなあ。まだこちらは事務所の公式情報では出ておりませんが。どうでもいいですけど、どんどん彼の名前を出さなくなっていくな。内海光司君のことですよ。


・ 先月下旬、「私家版・光GENJI苑」様がとうとう休止に入られてしまった。 後追いファンでジャニ初心者としては、沢山学ばせて戴くことがあったので休止はとても淋しいです。
メンバーが解散後に発売したCDを集める際にはよく参考にさせて戴いてましたが、それらの情報は勿論、なにより管理人様の書かれる文章が好きだったので、こういうことを言っちゃうと重荷になってしまいかもしれないですが、また必ず戻ってきてほしいと思っています。特にメール等を送ったことはありませんでしたが待ってます。お陰様で寛君に逢いにいけました。


・ 時期的に上記にも関連してでしょうか、ファン有志の方々が作成された「非公式 光GENJI wiki」が2月5日にオープンしています。光GENJIとメンバーの膨大な資料や活動記録がまとめられていますが、データが足りていない部分もあるようです。
後追いファンで自分で集めるものがまだまだあるので、私自身は協力できないかと思いますが、皆さま是非是非情報提供にご協力をお願いします。
特に思うけど、諸星和己の出演バラエティをまとめるの大変だろうなあ・・。(彼のバラエティ出演って好かれていない部分もあるけどトーク内容を分析したら逆にネタの偏りとかわかって面白いんじゃ…と思っているんですが。そういう楽しみ方はしないのか。)
人がまとめたものって見てると違う発見があって面白いんですよね。
ちなみに私はコンサートリストのページを真っ先に見ました。
光GENJIって片手で数える程しかDVDが出てませんけど、あれだけのコンサートの数をこなしたアイドルグループだったんだなあという素直な感動があったりしました。


とりあえず今回はここまで。
まだ書きたいことがあるのですが、また書けたら書こうと思います。それでは。 

1月11日

内海光司君46歳の誕生日おめでとうございます。

アイドルとファンの関係って(異性であれば特に)究極的には「存在そのものに感謝する」ってところに行きつくと思ってるんですけど、私の場合なかなか特殊な彼を好きになったおかげで半年くらいでその境地にたどり着けた気がします。

本気で思うけど、また舞台やって欲しいです。
ライブに行くようになってから舞台をやってないので、何かあったんじゃないかと心配するので。


私はあまり彼に多くの言葉を望んでないし、どうしても踊ってほしいと思ってるわけじゃないし、アリーナとかの目撃情報知る度に死んだ目になってるような人(私が)ですが。何か、たまに解放してあげたくもなるし。

個人的に「元光GENJI」って言葉は、事務所に残ってる人と退所した人とでは私の中では意味が少し違うんですが、ファンとしては、彼が選んだ道を貫いてほしいなあって思います(彼だけじゃないですけど)。
ファンでいるから。これからも、「元光GENJI」の内海君でいて下さい。





と、この記事を下書きにしていたのですが、
今日の夜になって女優の淡路恵子さんがお亡くなりになったと知り絶句しました。

そういえば去年内海くんがシークレットゲストで出演した「ウチくる!?」でもあんまりお食事されていなかったような…と、録画を見返しました。
(特にデヴィ夫人と「あなた食べなさ過ぎじゃない?」「あなたは食べ過ぎ」ってやりとりもあったなあと。)

あの頃はとってもお元気そうでしたので、まだ亡くなった、という実感が全くないのが本音ですが、今日という日に亡くなったこと、御縁があったんだなあと思ったりもしました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。



livedoor プロフィール
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ